トヨタホームの木の家「MOKUA-J」あなたの投票で家が建つ外観イメージ人気投票キャンペーン

イベント

北欧風の家と和風の家
あなたはどっちが好み?

投票期間

12月1日(水)~12月31日(金)まで

 

ご投票いただいた方の中から
抽選で50名様に
「Amazonギフト券1,000円分」プレゼント!

※1組様につき1枚限り※1⽉末頃にEメールにてお渡しさせて頂きます。
※Amazonは、Amazon.com.incまたはその関連会社の商標です。

 

人気投票1位のお家を建築予定!

※やむを得ない事情により 、上記予定 は変更と なる場合が ございます 。

チラシPDF

 

MOKUA-Jの特徴


確かな安⼼・安全がある家
優れた耐震性と耐久性を持ち合わせるトヨタグループの技術⼒と、⻑期保証を⽀える企業⼒で⻑期優良住宅を実現します。


プロの提案がある家
トヨタホーム45周年の実績とノウハウを集約し、お客様のニーズに合わせた最適なプランを家づくりのプロがご提案いたします。


毎⽇が快適になる家
夏でも冬でも、家中どこにいても⼼地よさを実感できるオリジナル空調システム「スマート・エアーズ」。⽊のぬくもりを感じる家で、1年を通して快適な暮らしが実現します。

トヨタホームは資産価値の⾼い有料な中古住宅を提供するスムストックに取り組んでいます。MOKUA-Jはスムストック対象商品です。
「スムストック」を⽀える3つの条件
1.住まいの歴史がわかる「住宅履歴データ」が整備されている住宅
2.50年以上にわたって」「⻑期点検・補修精度」を守り続けることが出来る住宅
3.優れた「耐震性能」を有している住宅

テクノロジー


⼤地震の揺れに耐える、強固な トヨタホーム・メタルジョイント⼯法
構造⽤合板を⽤いて外壁、床、屋根部に強固な“⾯”を構成し、バランスよく耐⼒壁を配置。接合部にはメタルジョイントを採⽤した、地震などの⼒が接合部に集中しない⼀体構造です。その強固な構造体を実現するため、⼀邸⼀邸しっかりと構造を確認しています。筋かいのみの建物と⽐べてプラスαの強度をもっており、建物全体ですぐれた耐震性能を発揮します。


構造⽤集成材は、 ⼀本⼀本の強度・品質が安定
⽊材は時間が経つと、徐々に乾燥して収縮し、反りやくるいが発⽣します。構造⽤集成材は、製造段階で基準の含⽔率までしっかりと乾燥させるため、割れや反り、カビの発⽣の可能性が少なくなり、強度も増加。⽊表と⽊裏※1を組み合わせることで、さらにくるいに強くなります。約1週間の強制機械乾燥試験を実施しても、集成材には⼤きな変形が⾒られませんでした。また、⼀本⼀本の強度や⼨法が安定しているため、正確な構造計算が可能となります。
※1 ⽊の表側(樹⽪に近い⽅の⾯)と、⽊の裏側(中⼼に近い⽅の⾯)。


従来の⽊造軸組⼯法に⽐べて、 約1.7倍の接合部強度
従来の⽊造軸組⼯法は、柱や梁などの接合部分に⼤きな断⾯⽋損が発⽣し、強度が弱くなる懸念がありました。MOKUA-Jでは、主要構造部に接合⾦物とドリフトピンで⾼精度に緊結するメタルジョイントを採⽤。わずかな断⾯⽋損で接合できるため、従来⼯法の弱点を克服できます。接合部の強度⽐較では、⼀般の⽊造軸組⼯法に対して平均約1.7倍※1という⾼い強度を計測しました。
※1 実験・データ提供:(株)タツミ


外周部は“⾯”の⼒を加えた、 最⼤6.5倍相当の強い耐⼒壁
住まいの強度を確認する⽬安のひとつに、耐⼒壁の強さがあります。強度は壁倍率※1で表され、⾼ければ⾼いほど強度がすぐれていることを⽰します。MOKUA-Jでは、シングル筋かいと構造⽤合板を合わせると壁倍率4.5倍。ダブル筋かい+構造⽤合板で、最⼤6.5倍相当とすることも可能です。必要な耐⼒壁を最適なバランスで配置することで、確かな強度を確保した住まいを実現できます。
※1 基準の耐⼒壁に対して何倍の耐⼒があると判断された数値。壁倍率1.0は幅1m当たり1.96kN(200kgf)の⼒を加えた際に変形⾓が1/120以内に収まる剛性を指す。 壁倍率の実験・データ提供:ミサワホーム(株)