愛知県/I様邸

お子様の姿をどこからでも見渡せる
開放的な大空間LDKのある家

こだわったのは外観デザインと家族がつながる空間。

「友人に自慢できる家が建てたい」とお考えだったI様の家づくり。I様がこだわったのは「外観デザイン」と「家族がつながる大空間」でした。ツートンカラーの外観にはリビング前の中庭で凹凸をつけ、道路に面した西側には九連ブロックのアクセント窓を使いました。「外観とのギャップが出ないように室内の配色にも気を遣いましたね」とご主人。また、室内には「子供をいつでも見守れるように」というご要望から、 外の庭まで見渡せるパノラマキッチンを設けました。奥様も「とても開放感があって気に入っています」とその使い心地に満足されているご様子です。

 建物 シンセ・カーダ
敷地面積 128.91㎡(39.00坪) 延床面積 110.4㎡ 
1階床面積 57.92㎡ 2階床面積 52.48㎡

お客様のこだわり

友人からも「展示場みたい」と褒められる吹き抜けのある開放感たっぷりの玄関

吹き抜けから光が差し込む明るい玄関は、家を訪れる友人からも「まるでモデルハウスみたい!」と思わず驚きの声が上がるそう。「本当にみんな期待通りの反応をしてくれますよ」とご主人。また、趣味のスノーボードの道具一式が置けるように、土間収納も設けました。

今後のライフスタイルの変化を見据え、 部屋を分けられるように2つのドアを設けました

寝室にはドアを2つ設け、将来は2部屋に分けて子ども部屋として使えるようにしました。「将来的に家族が増えた時のことなども考えて、いろんな使い方が できるようにしています」とご主人。現在はテレビを置いて広々としたサブリビングとしてお使いになっています。

快適に家事がこなせる一直線の動線が完成 水回りから物干しまでを一直線に並べました

水回り、収納、屋外の物干しまでを一直線に並べ、効率よく家事がこなせる動線を完成させました。「水回りからキッチンまでの通路に収納があるのがいい。 隠れた場所にあるので生活感が出ないですし」と奥様。 さらに、庭につながる動線上に、室内干しができる物干しフックを取り付け、雨の日でも室内干しができるように工夫しました

ギャラリー

販売チームの声

営業スタッフ:山口浩史さん(左)
設計担当:小田英邦さん(右)
インテリアコーディネーター:国信亮子さん(中央)

家づくりの当初から外観や内装にいろんなこだわりをお持ちだったI様。今回はそんなご夫婦にご満足していただけるような個性的な家づくりを お手伝いさせていただきました。新居の大空間LDKをとても気に入っていただけたようで、私たちもうれしく思います。

お問い合わせ窓口